--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.26 11:27|パン教室
おかげさまで、一宮の自宅から江南のお店に移転して、
新しく教室へ通ってみたいとおっしゃってくれる方がぐんと増えました。

なので、教室の案内を詳しく記しておきますね。


1初心者コース

   パン作りの基礎を学べるコース
   手ごねで1から作ります。
   自宅にある道具を活用して、手軽にパン作りを楽しみましょう。


   初回は、ピザ(チーズピザ&ガーリックサラダピザ)とスイートブールの2種

   作ったパンは、すべてお持ち帰りいただけます。

   パンを焼き上げているうちに軽いランチを提供します。


   定員4~6名
   1回2500円
   所要時間 約2時間半(基本10時から開講)

2楽々コース

   ホームベーカリーなどで、生地づくりは機械に任せて、楽にパン作りを楽しみたいという方向けのコース
   一次発酵まで進めた生地からスタート。
   おもに、成形を学び、パンのバリエーションを増やしていきます。

   (ランチ・パンのおみやげつき)


   1月のメニュー   
      白パン、モノトーンロール(ココア生地とプレーン生地を組み合わせてデザインを楽しみましょう)


   定員4~6名
   1回2500円
   所要時間 約2時間(基本10時から開講)



どちらのコースも共通の持ち物です。

 エプロン、
 手拭きタオル、
 筆記用具、
 パンを持ち帰るための籠
(焼きたてのパンはつぶれやすいし、冷めていないので密閉されると蒸気がこもって台無しになってしまいます。重ならないように平らにして持って帰れるだけの大きさが必要です。10個は持って帰れますよ。)


 
おかげさまで、1月のパン教室は、ご予約でぎっしりです。
教室に参加したときに次回の予約を取っていただくスタイルをとっています。(先2回までOK)
あらかじめ、予定を確認しておいてくださいな。
あとからの予約日の変更は、かなり難しいと思われます。

ただ、昨年までは年会費をいただいていましたが、
来年度からはその制度をなくしましたので、
月1必ずというわけではありません。

残念ながら、資格だとか認定証を差し上げられるような講座ではありません。
あくまでも、日常でパン作り楽しむことを目的としています。
ご自分のライフスタイルに合わせて、レッスンを楽しんでいただけたらなって、思います。

教室で使う道具や材料は、お店で購入することができます。
といっても、私が勧めるのは、パン用麺棒とのし板ぐらい。

ボールもスケッパーも型も100均で、使いやすいものをそろえられます。

興味を持たれた方がありましたら、お問い合わせください。



2月の教室は、受付中です。
スポンサーサイト
2013.07.19 09:00|パン教室
昨日で、7月までの教室が全て終了となりました。

みなさん、暑い中お越しいただきまして、ありがとうございます。

今月作ってピタパン。
夏休みにとっても重宝しそうですよ。

ぷっくり空洞になるポイントは、仕上げ発酵を短めにして、しっかり予熱したオーブンで焼くこと。

あと、ホームベーカリーで、生地をこねるときは、氷水を使うか、粉を冷蔵庫で冷やしておくといいですよ。


そして、今日は、午後からカフェの土地の地鎮祭を予定しています。

いよいよ始まるって感じ。

なんと、完成は、10月25日。すごいな~~~。

楽しみです。
2013.03.17 22:39|パン教室
製粉会社に勤めている知り合いから、
外国産ですが、上等の強力粉を安く分けていただきました。

小麦粉の質は、品種にもよりますが、
実の中心の部分を使ったものは、上等で価格も高いといわれています。

たぶん、分けていただいたものは、まさにそれ。
色が白い。


普段は、北海道産のはるゆたかブレンドを使っていますが、
値段は、かなりお高め。

いつかカフェを始めたら、
学生用にテイクアウトのホットドッグのようなものを
安く提供したいと考えていたので、
外国産の粉を使ってみました。


もともと、パンはあちらの食べ物なので、
本来はあちらの材料の方が、上手くいって当たり前なんです。

前にパン屋さんのパン教室へ通った時も、
先生は、すべてフランス産の粉を使っていました。


で、今回のこのお粉、
保存性を高めるためにか、水分量がかなり少ないので、
いつものレシピの仕込み水を少しだけ増やすのがポイントです。

あとは、たんぱく質の量もあまり変わらないので、
思ったより、使いやすい。

そして、かなり美味しい。

粉を変えると、水分量の調整が面倒で、
ついつい同じものを使っていましたが、
この味なら、申し分ないかな?

今日は、ドッグパンを焼きました。



昨日は、大型食パン。
食パンを焼くと、粉のクセがつかみやすいんです。

皮が堅かったから、もうちょい水分量を増やした方がいいと感じました。
それでも、焼き上がりの音は聞こえましたよ。

チビか、「パチョパチョって、いうの聞こえるよ」と。

「パチパチ」じゃないの?って、
思わず笑いそうになりましたが、
確かにいつもよりは、鈍い音だったから、なるほどと。
2012.09.05 18:42|パン教室
9月3日、夏休み明けの最初のお仕事です。

ずいぶん長い間、ブログをストップしていたおかげで、写真の取り込み方をまた、忘れてしまいました。
かれこれ、20分ぐらいなんとかしようとPCと格闘しましたが、違う写真が貼り付けられてしまって。
また、時間のあるときに。

今回のメニューは、

アップルティーロール
シナモンロール
オレンジピール&ホワイトチョコ
かぼちゃのパン
コーン&チーズ
ミニ食パン


まだまだ、暑いですね。
朝、早く目覚めてしまったので、4時ぐらいから作り始めたから、焼き上がりは9時。
クーラーは結局使わなかったけど、発酵の進み具合が早くて、次から次へと作業しないと間に合わないぐらい。

久しぶりに大量のパンを焼いたのですが、まあ、楽しかったですよ。
来週の教室に向けて、いい準備体操になりました。

今月の教室では、今回焼いたパンのうち、アップルティーロールとシナモンロール(4番目のレシピ)を作ろうかなって、思っています。


ランチは、何にしようかな?
ダメですね、夏の間、普段の食事をちゃんと作っていなかったから、コレっていうものがまだ、浮かんでこないんです。もう少しお待ちを。



最近、頭から離れないことがあります。



毎月、内々でパン販売をしているんですが、いつも心に引っかかっていることがあります。

それは、「菓子製造業の許可証」を自分が所得していないこと。

イベントでもパンやお菓子を売らせてもらっていますが、本当は違法なんですね。

パンを製造する場所に決められた設備を設置して、保健所の許可を得ないといけない。
作る人に対しては、「食品衛生責任者」の修了証が必要なんですが、それは、講習を受けてもらってはあるんですがね。


そんな感じで、いつか「菓子製造業の許可証」が欲しいなって思っていたんです。
いつもお売りしたパンは美味しく召し上がっていただけているとは思っているのですが、内緒で、売っているという事実を自分が認めている限り、どうしても「訳あり商品」って、思えちゃって、自信が持てない。価値を下げてしまっている気がしてならなくて、胸をはれないんです。


で、これをどうにかしたいなぁ~って、考えてたら、ポンっと、ある考えが思いついて、頭から離れないんです。

このある考えというか「夢」。

私にはとてつもなく大きくて、
全然実現できそうになくて、
そこに行き着くまでの困難を考えたら怖くて、
「ムリムリ~~~。今のままでも十分幸せじゃん。」
日常のあらゆることを言い訳にして、「ムリムリ~~~。」って、いっぱい臆病な自分が止めてるんだけど、

そんな葛藤を約2ヶ月続けても、その「夢」は、全然頭から離れてくれなくて、逆に、どんどん膨らんでいくばっかりなんですよ。

その「夢」を思い描くと、不安はあるんだけど、楽しくて、あったかくて、心弾むようなイメージの方が強いんですね。

そう、まるで、4年前に、パン教室をはじめようと夢を描いた頃のような感覚です。


もう、これは、そこに向かうしかないでしょう。


「カフェをやりたい。自分の焼いたパンに合うお料理や飲み物を提供できるカフェ」


うゎ~~~、宣言してしまいましたよ。怖~~~い。

ブログに書くっていうことは、パン教室をやめることを皆さんにお知らせすることでもあり、
それは、ある意味、あとには引けない状況になるのであって、ずっと、「ムリムリ~~~」を心の中で繰り返していたんですが、「パン教室をやめること」を自分でしっかり認めないと、先に進めないですよね。

自分の中では、今年いっぱいで、教室はやめようと思っています。

ごめんなさい。今日は、ここまでにします。
なんだか「やめること」を、宣言したら、いろんな感情が出てきたみたいです。

また、ボチボチ、ブログに書き綴りますね。

パン教室のこともカフェへの思いも。


お付き合い、ありがとうございます。




2012.06.27 13:23|パン教室
昨日で、6月のパン教室は終了。

7・8月は、夏休みとさせていただきます。

今年は、今のところ涼しいですね。
結局、一度もクーラーを使うことなく、終えることができました。

暑くなると、パン生地の扱いが難しくなります。
ホームベーカリーを使って、生地をこねる場合、以下のことに気をつけてください。

*仕込み水は、氷水を使うこと。(牛乳なら、よく冷やしたものを)
*粉類も冷蔵庫で冷やしたほうが良い。(保存のためにも)
*ベンチタイム時に、生地のしたに目の粗い布を敷いておくと余分な水分を吸収してくれるので、生地がベタつか ず、扱いやすい。
*成形時に、クーラーを使っている場合は、生地の乾燥に気をつける。
*2次発酵時に入れるお湯の温度を下げる。(常温の水でよい)

こんなところでしょうか?

オーブンを使うと当然ながら、室温も上がるので、夏のパン作りは、あまり好きではありません。
それでも、お子様と過ごす時間が多い夏休み。
もしかしたら、一緒にパンを作ってみようという気になれるかもしれません。

発酵は早いので、意外と楽しいかもしれませんよ。





あんなに嫌がっていた子供会行事の球技大会。
もうすぐです。(その後は、盆踊が待ってますが・・・。)

息子の野球の大きな大会。
あと、ひと月半後です。

ジャンベの衣装の締切。半月後です。

こんなに忙しく、いろんな人と関わりながら過ごすのは、初めてといってもいいぐらいです。

毎日、目まぐるしく周りは変化し、自分の価値観に揺さぶりをかけてきます。

あまり、人とのコミュニケーションが得意ではなかった私は
以前なら、いい人ぶっていろいろな問題を曖昧にやり過ごしてきたでしょう。

衝突して、傷ついたり、傷つけたりして、感情が揺れるのを極端に避けていました。
怒ったり、悲しんだり、憎んだり、惨めさやさみしさを感じたくなくて。


今は、それを恐れず、相手と丁寧に向き合うことを心がけようと思っています。


こう書くと、やけに喧嘩腰に取り組んでいるように感じられるかもしれませんが、もちろん、喧嘩をするわけではありません。

自分の思いをのせた行動をとったり、言葉を伝えるということです。
取り繕うのではなく。黙り込むのではなく。
そこで、衝突があれば、それは、なにか自分に気づきを与えてくれるチャンスであり、
同時進行で、それは相手にも、相手の観念に触れることであると思うのですね。
今まで生きてきた人生の中で、押さえ込んで、癒されきれなかった感情が、それぞれに出てきてしまったから、衝突が起きてしまっただけなんですよ。
(びっくりします。幼少期のしつけや人間関係から作られた観念なんかが出てきます。忘れ去りたい過去の出来事も。)
しっかりその感情を癒してあげられたら、すっと心は楽になる。
そのための衝突だと思うんですね。
必然です。
そして、そのタイミングも、もうそろそろ、その見たくなかった感情を癒してあげられる準備が整った頃に訪れます。
子供の頃のことを、親になって初めて、その頃の感情を癒してあげられることもあるでしょう。


すべて、私の体験と理解の範囲ですが。


自分を知りたいと思ったら、他人に無関心ではいられないって、感じでしょうか?


とはいえ、感じたくなかった感情を見つけるのは、なかなか大変で、
「もう、いいよ。やめちゃいたい。」って、何度も思います。
それでも、ひとつひとつ見つけて癒してあげると、心はすこ~しずつ、ひろくなります。
なるほどねって、納得できます。
「自分を苦しめていたのは、自分の勝手な思い込みだっただけ。」って。

そして、それがまた、他人への接し方に変化をもたらします。


これが、愛を持って人と接するってことではないかな?って、思っています。






10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。