--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.28 23:14|ke.ke.re
眠れない、眠れない、眠れない。

寝たくても、寝たくても、寝たくても。



こんな状態になったのは、久しぶり。


私は、眠れなくなるのは、不安が増大したとき。
すべてが信じられなくなってしまう。


「あ~、こんな状態に前になったのは、どんな時だったっけ。」

こんな体の不調から、思い出すことは、もちろん過去の思い出したくない出来事。

その記憶をひとつひとつ辿っていった。

それから、


「あれ、あの時どうして眠れるようになったんだっけ?」

って、またまた記憶を辿ってみたら、

「ワークで学んだこと思い出して、押さえ込んでいた感情を流したんだ。」って、思い出した。


いっとき、ワークを信じられなくなって、すっぱりやめてしまってたので、
いっぱいいっぱいネガティブな感情を溜め込んでいたので、爆発したんでしょうね。


そこまで、記憶を辿ったら、

ワークに
仲間に
師匠たちに

感謝の気持ちが溢れてきました。



そして、私をその場所へと引き寄せてくれた女性にとても深い深い感謝の気持ちが溢れてきました。

彼女とは、ずっとずっと会っていません。


どうしてもどうしても、感謝の気持ちを伝えたくて、電話をしました。

本当に短い会話でしたけど、声が聞けました。生きてました(笑)


電話では言えなかったので、

「あなたに出会えてよかったです。
 感謝してます。
 私もちゃんと生きてます」

って、メールをしました。


無意識にでしたが、ここ数日、彼女が好きだったミニ食パンをたくさん焼いていました。

今朝、そのパンを一口食べた時に、彼女がこのパンを好きだったことを思い出しました。


「ああ、そうだ。

 会えなくなって、でも一度だけどうしてもパンを届けたくて、持っていったパンもミニ食パンだった。」


いっぱいパンのレシピを考案してきたけど、
その一つ一つに思いを寄せています。

食べてくれる人を感じて創ります。

食べてくれた人の思い出を感じます。

人の繋がりまでも感じます。


もし、私のパンを手にする人が、
私のパンを食べることで、
想いを巡らせ、人や思い出を感じてくれたなら、
それは、私にとって、すごくすごくうれしいことだな~~~って、思います。
スポンサーサイト
01 | 2013/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。