スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開授業

2012.06.13 08:26|日記
先日、息子たちの小学校で公開授業があったので、授業参観に行ってきました。

上の息子の先生、今年で教師3年目の若い男の先生です。
去年も同じ先生に受け持ってもらっています。

彼を見ると、大学生だった頃、教育実習に行っていた頃の自分を思い出します。
地元のとなりの小学校に配属されて、4週間、5年生のクラスで学ばせていただきました。

子供たちは可愛かったけど、あまりの忙しさにフラフラでした。
授業の参観や実習のみならず、運動会の練習や準備(9月だったんです)、ミニバスケットの業後練習、放課も子供たちと遊んでいたし、連絡帳や宿題のプリントのチェック・・・。休む暇はありません。

当然、メインは、授業計画の仕方や教材研究の進め方ですから、指導案も何枚も書いたし、書き直したし。
毎日、深夜まで教科書や資料とにらめっこ。睡眠時間は3~4時間だった。


研究授業に至っては、実習が始まる前から日にちを設定し、授業内容もその日に焦点を合わせて進めていきました。
何度も頭の中でシュミレーションして、当てる子まで決めて、その子が答えるだろう答えも予想して、授業の展開をまるでドラマの台本を書くかのように。


そんな経験があってか、私にとって、授業参観の授業内容は、一種の発表会のようなものなんですね。

今は、1日通しての参観だったり、何日間にかけて公開されているから、それほどの力は入っていないだろうし、入れる必要もないと思うのですが。


で、息子の先生を授業を見ると、自分がその時に教えてもらった授業展開ちゃんとがあるんです。

導入→展開→まとめ

それから、それが本当に自然な流れなんです。
子供たちが違和感なく、1時間(45分)を過ごしていっているように感じるんですね。

発問も的確かつ自分の言葉として発せられているから、ずいぶん頭の中で授業内容全体を組み立ててまとめてあるんだろうなって感じるんです。

先生たちが使う指導書。当然自分も使っていて、授業の展開やポイントなんかが書いてあります。
でも、自分で自分の言葉に置き換えられるぐらい内容を熟考されてないと、上っ面だけの授業になるんです。
経験上、それがよく分かっているので、授業の最初の5分間だけで、どれだけ教材研究をされているかが分かってしまう。

息子の先生の国語の授業は、本当に私好みの授業で、大好きです。





教育実習の時の記憶が蘇ってきました。

かなり痛い思いもした日々でした。
本当は、あまり思い出したくなくて切り離していた記憶です。


研究授業、何度も何度もシュミレーションしたから、ほぼ完璧でしたよ。
でもね、ある子が予想していなかった答えを言ってくれて、それに動揺してうまく受け答えができなかったんです。軽く受け流してしまって。

後の反省会で、校長先生から「冷たい」って言われてしまって。

*教材研究がよくされている。
*展開がスムーズで、無理がない。
*声の大きさもちょうど良いし、板書も見やすい。
*子供達がよく授業内容を理解していたように思う。

いっぱい褒めてもらえたけど、「冷たい」という評価にその全部が打ち消されたかのように感じて、トイレでいっぱい泣いたな~~~。

研究授業の前日に、「なんて自分は冷たい人間なんだろう?」って、自分に失望するような出来事も起こってて、それでも授業ができちゃう自分に失望して。
「こんな自分が先生やっていいわけがない。」って、採用試験も受けなくて。

それなのに、たまたま受けた私学の学校の採用試験にまぐれで受かって。

で、「やっぱり無理だ~~~」って、やめちゃって。

な~~~にやってんだか。
遠回りいっぱいして、今のお仕事に行き着いたわけだけど、元をたどれば「冷たい人間」と、自分を思い込んだことから始まってるな。

きっと、仕事のことだけじゃない。

「冷たい人間」と、思い込んだ自分はとても悲しくて惨めで寂しくて。
そう感じたくなくて、いっぱい相手の答えを先回りしてみたり、必要以上に気を使ってみたり。
そんなパーソナリティーの自分が出来上がってしまったと思ってる。



最近、ちょっと信じられない体験をして、やっとこの悲しくて惨めな自分がいることを認めることが出来ました。

この惨めな自分を認めたら、そこから自分が作ってきた価値観がいっぱい見えてきました。

その不思議な体験に感謝するばかりです。


コメント:

非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【公開授業】

先日、息子たちの小学校で公開授業があったので、授業参観に行ってきました。上の息子の先生、今年で教師3年目の若い男の先生です。去年も同じ先生に受け持ってもらっています。彼
01 | 2017/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。