スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になりました。

2012.12.06 22:02|ke.ke.re
今日で、パート先でお仕事するのは、最後となりました。


12月分のシフトは決まっていたから、今年いっぱいは働かせていただこうと思っていたのですが、
「忙しすぎてしんどい。」というのでは、忙しさがピークになる今月を乗り切るのは大変でしょうと、マスター達のご配慮で。


いつもの否定的な自分のカラに閉じこもってしまうと、
「足でまといになるんだ。私は役に立たない。」て、思い込んでしまいます。


さらに、カフェを開きたいってことは、面接の時に伝えてあるので、
「このぐらいのことができないなら、カフェ経営なんて無理でしょ?」
って、思われているように感じてきます。


今日は、この否定的な自分との戦いでした。


何度も、この否定的な感情に陥りそうになりながらも

「私は、サービスに落ち度があるようなほど、慌ただしいのは合わないんだ。」
「マスターが社員さん任せにするようなお店は作りたくないんだ。」

「私が、やめることは自分に負けることじゃない。」って、何度も心の中で、つぶやいていました。



実際、「やめたい。」って伝えてから、何度か仕事に通いましたが、あれだけ不在だったマスターが厨房で、仕込みの仕方や調理の仕方を指導してくれるようになりました。
オーダーが入ってから、お料理を提供するまでのペースや連携を考慮する工夫も。


使い勝手の悪かった厨房の配置替えをして、通路も広くして食器を運びやすくもしてくれました。


忙しいランチの時間の様子を見て、これでは「混乱する」「危ない」「疲れる」いろんな不具合を自分の目で見て、体験して、なんとかしなきゃと思ってくれたのではないでしょうか?


そんな自分を肯定する思考を選択するよう意識していたら、今日のお仕事はとても楽でした。
混乱が起きるほどのお客さんの波はなくて、
マスターがみんなと、じっくり会話をしながら、「ああするといい。こうするといいかな。」って、話しかけてる。
焼き菓子担当の社員さんが、せっせとテイクアウト用のクッキーやらブラウニーやらを焼いて。
ホールの子もお客様を待たせることなく、接客できてたし。
洗い場もスッキリ常に片付いていて、いつもより念入りにスプーンやお箸を洗うことができました。
立て込んだオーダーも、みんなで大丈夫かを確認するほどの余裕もあったし。

そうそう、こんな感じのペースのお店がいいなって。
未来の自分のカフェがこうであったらいいのにって。


最後、しっかりマスターとスタッフの方に挨拶できたら、本当にスッキリ。

短かったけど、本当にいい経験をさせていただきました。
この経験は、自分のカフェ実現の大切なエッセンスになるんだろうな。


お付き合い、ありがとうございます。

コメント:

先生 お疲れ様でした~

両日の記事から、すごくいろんなことを感じました。

自分の中に”これ”って言えるものがあるから、自然と周囲の人にも
受け入れられる(理解してくれる)  いい変化が起きるのですね!!

助走から スピード早くなってますね♪
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。