スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘中です。

2013.02.18 09:18|ke.ke.re
上の息子が反抗期真っ只中。


昨年まで、少年野球が忙しくて、土日のほとんどが練習だったり試合だったりで、自由な時間がほとんどなかったため、卒団したら一気に脱力して、毎週末、ダラダラしてる。

昨日なんて、
「午前中は、練習手伝いに行って、午後から少し勉強したら?だらだらテレビばっかり見て
って、ちょっと言っただけなのに、

「うるさいな。僕の一日を勝手に決めないでくれる。」

って、ムカつく~~~~。
まぁ~、確かにね。って思うところもあるから、ほかっておくのですがね。


私は、彼ぐらい頃、反抗心はいっぱいあったんですけど、思い切り反抗はしなかったんで、
息子が言葉、表情、行動で、反抗心をいっぱいアピールしてくると、
「あ~、昔の私もこのっくらいの反抗心を押さえ込んでいたんだな。そりゃ,苦しかったね。」って、
思えるんですよ。


で、親の希望を知らぬ間に自分の希望と勘違いして、進学して、就職して、結婚して。


で、今に至りますが、


40歳過ぎて、今になって反抗期です。

今のままでも十分幸せなのに、カフェやろうとしているんですから。

実は、カフェのオーナーは、父です。
いろんなことをすすめていく過程を、父と一緒にやっています。

思えば、高校進学、大学進学、就職、あらゆる岐路で父と対立してまで、自分の意思を貫いたことはありませんでした。
お菓子作ったり、お料理したりが好きで、そっちの方向で仕事をしたいと本当は思っていたけど、
どこかで妥協点を見つけ、大きくレールからはみ出すようなことはしなかった。

たぶん、初めてですね。
父が、私の意志を尊重して、寄り添ってくれるのは。


本当にありがたい。


何度も、自分に問いかけたんですよ。

「いつまで親に甘えるつもりなの?恥ずかしくないの?」って。
資金もたくさんかかるし、知識も情報も時間も手間もたくさん必要で、とてもやりきれない。
「あきらめてしまおう。」って。


でもね、どんどん、父が元気になるし、母も笑って見てるんです。

やめる気がなくなっているのは、父の方。

セミナー行ったり、図書館行ったり、お金の計算したり、見積書検討したり・・・。

「細か。」って、思うんですが、
さすが、元銀行員。
こんな感じで現役の頃は働いていたんだろうな。


カフェへの道のりは、まだまだ遠いけど、とても楽しみなのであります。



話を元に戻して、


息子の反抗期。

私は、いっぱい息子の反抗心を煽ってみようかと思っています。
(もちろん、自分で煽っているなっということを認めてですがね。)

反対されると、自分の意志が本物かどうかを試されている気がするんですよね。

受け入れることを前提にとりあえずは、反対しよう

きっと、彼の意志は強くなる。
私の受け入れようと思う意思も強くなる。



彼の反抗心のパワーを目の当たりにすると、そんなことも言ってられないくらいに心が折れそうになるんだけど、負けないぞ~~~。


これも、私なりの愛の形だ。












コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。