スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重ね煮

2012.01.21 17:02|ke.ke.re
今日は、雨。

先週は、教室もほとんど毎日で、何かと忙しかったので、「休みたいな。」って思っていたら、上の息子が食欲がなくて頭が痛いという。
熱はなかったし、午後の予定まで何もすることはなかったから、とりあえず、様子見。

久しぶりのことだった。
あまり、具合が悪くなることはない。

インフルエンザも流行りだして、仲良くしている友達もかかっているから、「移ったかな。」って、心配だったけど、熱はなさそうだったから。


このぐらいの調子の悪さだと、いつも私の中で葛藤が起こる。

病院へ行くか行かないか。
熱がないなら、野球の練習に行かせようか。
具合が悪いなら、テレビや本は見させないで、寝かせないとダメだろうか。(禁止も含め)
サボり癖がつかないだろうか。


本当に、どうでもいいことなのに、心がざわつく。


思えば、息子も忙しい。
 
3学期入って、授業もあるけど、ロードレースの部活動もある。
習い事も週3あるし、野球にいたっては、一日活動する日が多かった。
明日は、英検を受けに行く予定もあるし。

ちょっと、疲れたのかな。

今日は、とことん何がしたいのか聞いてみた。

「ロードレースの練習どうするの?」
「野球の練習はどうするの?」(ごめん。ちょっと行ったら?っていっちゃった。)
「病院は行くの?」
「テレビは見られるの?」
「ジャンベのレッスンどうするの?」
「英検の勉強する?」
「何、食べたい?」
「本は読める?」
「ゲームするの?」
「野球行かなくても、ジャンベ行ってもいいよ。どうする?」

全部全部、息子のしたいようにさせてみた。

彼の中の体調と良心で、そのつどそのつど自分がしたいことを選択していた。

今日は、ちょっとダラダラしたかったみたい。
夕方になって、やっとウトウト眠りだした。

兄ちゃんに遠慮してゲームができなかったチビが、ここぞとばかりにゲームをしだした。

ちょっと、穏やかすぎて幸せを感じる一日になりました。


私はといったら、なんだか冷蔵庫の掃除がしたくなった。

特に野菜室。いたむ寸前の野菜と買ってきた野菜を組み合わせて重ね煮に。

セロリ、タマネギ、キャベツ、カブ、大根、にんじん、ベーコンの重ね煮。(野菜スープにしよう)
こんにゃく、にんじん、ごぼう、れんこんの重ね煮。(きんぴら)
シイタケ、タマネギ、にんじんの重ね煮。(キャベツとひじきの煮物)


この重ね煮の手法。
覚えてから、ほとんどがこのやり方で調理するようになった。
カレーもトマトソースも肉じゃがもみそ汁も。

コレを初めて教わったとき、今まで自分が調理実習で教えてきたことは、何だったんだろうと思った。
とにかく簡単で、味が本当に柔らかくて奥深い。

本来は、「野菜の持つ陰と陽の力を最大限に生かすように考えられた手法」だという。
皮もアクも取らず、水も加えず、野菜本来のパワーをすべて引き出す。

マクロビ(玄米菜食)は、禁止されている食材が多くて、すべてを受け入れることは私にはできない。
けれど、重ね煮は、難しいことはすべて無視しても、体にやさしいと感じる。

今日も、野菜を鍋3回分丁寧に切り、陰と陽の関係で丁寧に重ね、塩を加え、蓋をして弱火に掛けた。
その作業をするだけで、気持ちが優しくなる。
痛む寸前の野菜も仲間に入れてあげられたから、よけいに心穏やかになった。

冬野菜は、重ね煮にすると本当に美味しい。














コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。