スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の気分

2012.01.22 17:12|ke.ke.re
チビの話。

午前中、兄ちゃんの用事で留守にした。
チビは、おばあちゃんに預けてた。

チビは、午後から野球の練習。着替え等々、準備して私は出掛けた。

用事を済ませて帰ってきたら、チビの具合が悪いっていっておばあちゃんが大慌て。

「熱がある。36度4分。」と、おばあちゃん。(おばあちゃんは平熱が低くて、36度超えるとえらいらい。)

「え~~~?平熱じゃん。」と、私。

「だって、気持ち悪いって言うし、友達のところへ休むこと伝えてきた。」と、おばあちゃん。


内心、(も~~~。)って、思ったけど、休むって言っちゃったし、めんどくさい。
「休めば?」っていったら、泣き出した。

「だって、野球行きたくないからでしょっていうもん。本当に頭いたいのに。」

「私、何も言ってませんけど?」っていいながら、泣くチビを抱っこしながら笑ってた。
逃げようとして、足をバタバタ。手をバタバタ。

兄ちゃんと私、おもしろくて笑ってた。

自白したね。今日は行きたくなかったんだね。

さらに、「信じてもらうために、熱上げようとしなくていいよ。」って言ったら、
一瞬動きを止めて、考えたらしい。また、怒ったけど、もう、泣いてない。

あんなに気持ち悪いって言っていたのに、
私たちがご飯食べ始めたら、お腹がすいたってご飯食べ始めた。

ぼそぼそ、「だって、おばあちゃんが熱あるって言ったもん。」
「頭が痛かったの本当だもん。」

「あ、そういえば、留守番してるとき、学校で習い始めた百人一首やってなかった?」
「あんた、集中しすぎて、頭痛くなっちゃったんじゃない?」
(パズルやブロック、そろばんやっても頭痛くなる)

「・・・そうかも。」

まぁ、人騒がせな。

す~~~ぐ、その気になって。かわいすぎる。

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ozejun

Author:ozejun
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。